韓国ドラマあらすじ出演者情報1のTOPに戻る
「韓国ドラマあらすじ出演者情報1」トップ >  スポットライト > 韓国ドラマ「スポットライト」あらすじ&出演者


韓国ドラマ「スポットライト」あらすじ&出演者

韓国ドラマ「スポットライト」は放送記者のソン・イェジンと放送部キャップのチ・ジニが主演で放送記者と報道部のリアルな様子を見ることが出来るドラマです
放送局と警察のやりとりや放送局へのスポンサーの圧力など、いろいろな裏側を見ることが出来ますよ 韓国ネチズンの評価も10点満点中7点の評価でなかなかよろしいです。 可憐なイメージのあるソン・イェジンが演じるソ・ウジンの放送記者として努力する姿が美しいですよ
脚本はイ・ギウォン作家でしたが、8話までシナリオを制作後、作家をおり「イ・ギウォン作家がシナリオ展開において個人的に心理負担が大きかった事、6部移行はシナリオが遅くなり始めた」ということで、ドラマが進行されながら、話の展開が難しくなり、降板してしまいました。 撮影現場では本当にシナリオが遅く,出演者が現場に全員集合していて、シナリオが出来たらすぐに撮影をしていたそうですよ・・ 4話ぐらいまではなかなか、スリルあるストーリーでハラハラしてみていましたが、ちょっと話の流れが変わってきたなぁ・・・と思ったら、作家の交替劇でした・・
イ・ギヨン作家からチュ・ユンジョン作家とファン・スハ作家に交替になりました 「新しい作家が投入されたから詳細的な設定が変わることはできるがイ・ギヨン作家様が巡らしておいた大きいフレームから脱しないこと"とのことです。

韓国ドラマ「スポットライト」の壁紙のダウンロード先はこちら♪
韓国関連記事はこちら
韓国MBC 2008/5/14-2008/7/3 全16話
演出・・キム・ドフン シナリオ・・ファン・ジュハ、チェ・ユンジョン
韓国盤OST DVD1 DVD2 ガイド

韓国ドラマ「スポットライト」出演者とキャラクター
ソン・イェジン ・・・ソ・ユジン役
悪夢みたいな見習い期間と社会部 2陣を経って,世の中は決して甘いのではないことを悟る.しかしこれから警察署を流れる生活を除隊(?)と,文化部 1陣で席を移せば夢に一歩もっと近付くことと同時に人生の余裕を取り戻すことができるという希望に一杯だ. しかし報道局上司たちとの不和で地方系列社を流れた伝説のキャップであるオ・テソクが復帰しながら彼女の素朴な夢(?)は粉微塵出てしまう.今一度社会部 2陣で墜落したウジンはまた下積み生活を始めて,弱り目に崇り目で顧問官であるイ・スンチョルを教育させなさいという特命まで引き取るようになる. いくら熱心にしても,いくらお上手でもいつも指摘、事項だけ言うオ・テソクにウジンは怒りを感じれなくなりたまには絶望さえ感じる.しかしオ・テソクに対する闘志に燃えあがり始めながら猪突的な記者に生まれかわるようになる.
チ・ジニ ・・・オ・テソク役
韓国記者賞、連続 3回受賞者というタイトルが言ってくれるように,記者として使命意識が透徹するが,独りよがりなスターであるから常に内部でトラブルを起こす.しかし実力だけは他の追随を許さなくて他の放送局にスカウトなるか心配でむやみに切ることもできない人物だ.だから上司たちには牽制対象であり,部下たちには恐怖の対象だ. 3年前、政治的に敏感な事項を報道する問題で現社会部長(当時デスク)と争って地方系列社で追い出されてから危機に処した社会部を求めるために今一度、報道局に復帰して自分の波乱万丈した人生の 2幕を使って行き始める.
チン・グ・・・イ・スンチョル役
ウジンに任せられた見習い記者でウジンとは大学同期.考えが遅くて行動が生半可な顧問官だ.おない年であるウジンに立ち並ぼうとしたが手酷く当ぎり後から徹底的に ‘兄さん’と呼ぶ.ウジンの記者としての姿に感化されて徐徐に記者生活に適応して行く.
☆キム・ポギョン・・・イ・ジュヒ役
社会部のいかさないことを責任を負うオールドミス. キャップ オ・テソクとは社会部同期で人知れず良い感情を持っていたが,その感情が発火になる前に別離を迎えなければならなかった.そんな状況に今一度オ・テソクが復帰すると心の片隅にそれに対する恋慕の情が今一度、芽生え・・・. 重大な事案に対して決定を過ち下す社会部長に賢明な助言を言ってくれる一方,キャップのひんぱんな突き出行動に対する撫摩のためにも労力する. キャップのソ・ウジンに対する微妙な感情を気づいた後からはウジンにわざとつめたくふるまったりする
チョ・ユンヒ(チョ・ユニ)・・・チェ・ミョンウン役
社会部 1陣記者でウジンのライバルであって政治部長の目に入って政治部で抜擢する. どんな状況にも崩れないように自分を構えることができるし,上司にお上手で愛嬌が多い.しかし部下たちにはあまり評判の良いタイプではない.自分の美貌を最大限活用することができる才知が鋭くさとさが彼女の成功秘訣だ.
☆イ・ギヨル・・ムン・ジェグク役
視聴率に敏感な社長にちゃんと見えるために毎日センセーションを起こすアイテム悩みをしている.会社利益を新たにつくるために多い視聴者たちが見てすべての人々が悪口を言うプロになっても構わないという人
アン・ソクファン・・・アン・ジュンソク役
社会部部長。 報道局長の故郷後輩で同期の政治部長(チョン部長)と次期報道局長になるために神経戦をする. 首に刀が入って来ても記者は真実を言わなければならないと主張して来た彼だったが,ますます職位が高くなりながら彼にふさわしい妥協をして来た現実によく適応した人物だ
☆チョン・ギュスク・・・チョン・ソンイル役
次期報道局長を狙ってその後、政治家で行こうと思う出世志向型記者. 報道局長とは同じ学校みたいな先輩後輩の間で事ある毎に社会部の仕事に足払いをかける.政治部記者らしくすべてのことを政治的に解釈して,また政治的に解決をしようと思う.
イ・デヨン ・・・コ・ピョンチョル役
ウジンの管轄で班長に老会した人物だ. 事件を解決する前に差しこむ記者たちのため昇進することができる機会を何回か逃したから記者たちに対する悪感情が残っている. 警察署の記者宿直室を無くす案件を通過させようと思って,情報流出をしないために刑事たちの口止めと戸閉まりに気を使うなど記者たちとこまごましい葛藤を起こす.
イム・スンデ・・・イ・チュンギ役
ウジンを同僚刑事に思うほどに親しくてたまに重要な情報提供を知らせる.ウジンを一人で片思いして同僚刑事たちから冷やかすことを受ける.
クム・ボラ・・・ウジンの母役
☆ユ・ハジュン・・・ウヘン役 ウジンの兄
チョン・ヘヨン・・・ニュースキャスター ミヒ役
チョン・ジン ・・・チャン・ジンギュ役 脱獄犯
☆政治部次長 パク・ユスン・・・パク・ジンソプ役

韓国ドラマ「スポットライト」第1話あらすじ 韓国放送日 2008/5/14
9時のニュース スポットライト生放送の途中アンカーミヒ(チョン・ヘヨン)が急に泣き崩れて, 警察署の前で中継をしていたウジン(ソン・イェジン)は時間を伸ばしなさいという注文に荒てる.脱獄犯のチャン・ジンギュ(チョン・ジン)がまた脱獄に成功した.このスクープを逃すことができないウジンは脱獄犯チャン・ジンギュとインタビューをするために盗撮をつけて喫茶店の女性従業員に変装して彼が隠れているモーテルに入って行く.しかしそのモーテルは警察でも包囲作戦を進行している,ウジンは脱獄犯チャン・ジンギュと危ないインタビューを敢行する.
しかしタイミングが悪くて結局チャン・ジンギュを逃すようになってウジンのテープは警察に現場証拠品に押収されてしまう.テープを捜すために GBS のキャップが直接乗り出すようになって・・・記者団と警察の間の交渉のための席が用意される.紆余曲折あげく再入手したテープは音が聞こえないトラブルが生ずる.ウジンの特ダネのみを信じて放送を準備した GBS スタジオは大ピンチに陷って結局、他のプログラムで放送するようになる